flower border

菠蘿王子公主日記

ブログ主は香港出身、香港の菠蘿飽が大好き!旦那は日本出身、香港飲茶が大好き!

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマビルと茶毒蛾

Category地元情報
夕方のニュースで県内(山の近く)に「ヤマビル」と都内に「茶毒蛾」の被害が多いの話がありました。

「ヤマビル」被害の内容は吸血されます。
吸血の際に、吸血時の痛みをなくし、血液の凝固を妨げる「ヒルジン」という物質を出すため、本人は吸血されていることに気づかず、しかも吸血後傷跡からタラタラと出血が続きます。

「茶毒蛾」幼虫の毛(毒毛針)に触れた直後には、ほとんど自覚症状はありません。数時間してから、かゆみが出てきます。このかゆみは紅色の小さく盛り上がった発疹で、最初は浮腫んだようにも見えます。発疹同士は融合せず、痛痒さを感じます。ここを擦ると皮膚に刺さった毒針がさらに皮膚の奥に深く刺さり、治癒が困難となります。

このニュースを見たら、本当怖くなりました。

- 1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/07/07 (Sat) 06:55 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。